ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

2012年のGWは・・・

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?
今年のGW後半の日本列島は、
豪雨・竜巻などの自然災害に見舞われ
なんだか浮かれ気分、とはいかなかった気がします。
被害に遭われた皆様におかれましては
心よりお見舞い申し上げます。


さて、そんな我が家にも、
ちょっと大変な事態が起きてしまいました。

(この先は長文ですよ〜。)





それは、GW後半が始まった頃でした。
ここで「今年に入ってから吐く回数が増えた」と書いたばかりでしたが。
平蔵氏がゴハンを5〜6粒残す事が多くなり、
ちょっと不調かも?と警戒していた矢先。
5日の深夜2時過ぎ。
眠りの淵に聞こえて来る「かほっかほっ」という吐く音。
慌てて起きると、平蔵氏がトイレで吐き、廊下で吐き、部屋に戻って来て吐き・・・・ごはんを食べた直後以外に吐くというのも久々だし、トイレで吐いたというのも初めてでした。
そして朝ゴハンを半分くらいしか食べない・・・
もう一食、様子を見てから・・とも思ったのですが
何しろGW中。病院も午前中のみなので、思い切って連れて行く事に。

病院ではまずレントゲン撮影をしました。
すると、まずはころんころんと毛玉がまあ溜まっている事;;
嗚呼、またこんなに溜まっちゃったのね・・・とちょっと凹んでいたところ。
先生が「この肺のモヤモヤ・・・気になるね」と。
そこで続けて血液検査を2回。
出た結果が・・・・・・・・・

「血液に特に問題がないので、腫瘍がある可能性が高いです」

血の気がすーー・・・・っと引きました;

ただ、今はリンパの炎症でレントゲンに腫瘍そのものが見つけられないので
断定は出来ないけれど・・という事で
その胸のモヤモヤをとるために抗生物質など薬を一週間飲んで、
週末再び検査、という事になりました。

そうか・・・・あの「へすんへすん」は
鼻が悪いせいじゃなくて、咳だったのか。
ちょっと遊んだだけですぐヘタったのは、
メタボのせいじゃなかったのか。
なんで気がついてあげられなかったんだろう。
そんなに苦しかったんだね。
ヘボ飼い主で本当にゴメン。

とは言え。
こうしてすぐネガティブ回路全開になる私(苦笑)なのですが
旦那の「決まったわけじゃないんだし!」のツッコミに
そうだそうだ、と。
悪い想像は止まらないけれど;まだ結果は出ていないんだ、と。
何とか自分を奮い立たせて、平蔵氏を奮い立たせて(?)
朝晩の投薬、母の協力も得てがんばっています。
そんな平蔵氏。
5日の日に病院から帰って来たばかりの時に
家中歩き回りながら、少しずつ吐いていたのを最後に
今は全く吐くそぶりも見せません。
(きっとあの日は注射や極度の緊張のせいもあったのでしょう;)
ゴハンもきれいに食べるようになって、トイレも順調。
そういえば、「へすんへすん」をこの3日間見ていません。
なんて、そんなに軽々しくポジティブには考えられませんが;
ただ、美味しそうにごはんを食べて、苦しそうな事も無い、
そんな平蔵氏が今そこにいる、という事だけで
嬉しいなあ、有り難いなあ、とココロが平穏になるのです。

週末の再検査で、どんな診察結果が出るかはわかりません。
でも、穏やかに、まだまだ一緒に暮らせるよね?と信じています。

そんな訳で、「不調の様子をつらつら書き綴るのが苦手」なんて
言っていられなくなりました(^-^;)。
この先、携帯からの「状況のメモ替わり」の投稿などが増えるかも知れません。
そういう内容に、コメントをいただいても返信がすぐは出来ないと思います。
それでも宜しければ、たまに「どうなったかな〜」程度でも
覗いていただければ幸いです。

最後に、病院から帰ってすぐの平蔵氏。

c0035001_1711851.jpg


c0035001_1711175.jpg

以前も誤飲か風邪をひいた時の注射で、こんな目になった事あったなあ。
ちなみに、この次の日からは甘えん坊将軍降臨中です(笑)。
[PR]
by mirliton | 2012-05-07 17:46 | 医薬覚書