ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

レントゲン2回目。

さて、ご報告が遅くなってしまいました;
日曜日の平蔵氏の再検査の結果です。

(今回も長いですよ〜;)





まず、レントゲンの画像は・・・

先生・旦那・私と口を揃えて「あ。きれいになりましたね。」
という状態でした。
肺のモヤモヤは明らかに一週間前よりもクリアになり、
ついでに「いいウン○になったんじゃない?」と先生(笑)。
そうなんです。
『残渣ケア』のお陰か、近頃いいウン○がもりもりと・・・って
そっちじゃなくて(笑)。
ただ、まだ肺の中心付近はちょっとモヤモヤが残っていまして。

「うーん。ステロイドは効いているんだなあ。
 でも腫瘍が見えて来ないんだよねえ。
 コウサン※☆◎$#の可能性もあるねえ」

ん?先生??
すすすすみません、脳内で漢字変換が出来ません;;

「「酸」を「好む」で好酸※%★$です」

・・・「酸を好む」のとこしか覚えられなかったので
(脳みそトリ並みだし;笑 その場でメモする心の余裕も無くて;;)
後で調べたら、どうやら「好酸球性肺炎」の事みたいです;

「でも・・・」と先生。
「いわゆる癌などの場合、最初いったんはステロイドが効くんだけど
 そのあと一気に悪化するんだよね。だから今の段階では確定できないけど
 現状はいい方に向かってるので、このままもう一週間投薬してみましょう」

うーん。薬が効いてるんだろうなあ、という実感はあります。
投薬を始めてからと言うもの、咳き込む事も、吐く事も皆無で
あんなに無反応だったのに、遊びにもそこそこノッて来るようになり。
食欲も旺盛で、残すどころか「もう終わり?」状態。

というわけで、結果。

『まだ病名は不明』です(^-^;)。

でも好酸球性肺炎だとしたら、あまりビビりすぎる事はないみたいです。
次回またちゃんときいて来ます(汗)。
頑張って投薬してますよー。
でも、どうやらステロイドが相当苦いらしく;
最近になって一発でゴックンしてくれなくなりました・・・。
投薬する側もちょっと自信喪失中です。。。


c0035001_1512718.jpg

ススススミマセン;

c0035001_1512216.jpg

な、なんかほんとスミマセン;
[PR]
by mirliton | 2012-05-15 15:44 | 医薬覚書