ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

ぎゅうぎゅう。

猫はなぜ

c0035001_1591159.jpg

寝てる時でも

c0035001_15943.jpg

手が届く範囲に何かあると

c0035001_1585999.jpg

ぎゅうぎゅう押しやがるのでしょう。



さて。
こないだの病院駆け込み後の週末の経過です。





薬をカプセルに入れてみよう作戦、その後。

最初は一発で飲んでくれて、こりゃ何とかなるか?と思ったら。
2度目・3度目は立て続けに失敗・・・・・(T_T)
ワタクシも流血沙汰となりまして;落ち込むことこの上なく・・・・。
もう薬の時間が憂鬱で憂鬱で、どうしようどうしよう;
これでもしまたステロイドとか苦い薬を飲むことになったら・・と
ふと今回処方された薬が目に入ったとき、ワタシに何か降りて来ました(笑)。


これ、ステロイドじゃねえじゃん。


残念ながら袋に薬の名前は入ってないけど、
確か先生は胃と腸を整える薬と仰っていた。


・・・・別に苦くないんじゃね?


そう思って、ほんの少量、神経を研ぎすませて(笑)舐めてみました。



無味無臭。(ワタシ感覚)



・・・・・・・。
だったらダメ元でゴハン混入にトライじゃーーー!!!!!(笑)
で、すぐ次のゴハンから実行。
今までは冷えたまま出していたけれど、
缶詰を計量後にレンジでほんの10秒ほど加熱。
匂いが強くなって誤摩化しやすいかなあ、と思いまして(^-^;)。
そこへ粉薬を混ぜまぜ・・・・・。

ドキドキしながら観察していたところ・・・。

完食!!!

うわぁぁああああああん!マジちょっと涙出た!(T_T)
薬の重圧が無くなっただけでこんなに気が楽になるとは!;
それからも、レンジでチンする手間は増えたものの(笑)
毎食見事きれい☆に完食!
駆け込みから5日。注射分のステロイドもそろそろ効果が切れてくる頃ですが
今のところ、特に不調は見受けられません。
このまま一気に快癒してくれることを祈るのみ!!!
[PR]
by mirliton | 2012-05-29 15:32 | 医薬覚書