ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

梅子帰還。

昨日、無事(?)梅子の避妊手術が終わりました。
手術痕もビックリするくらい小さく、
お腹が毛刈りされてスースー寒そうですが(苦笑)
今のところ、傷口に関する異常は見られません。

c0035001_14295243.jpg

↑術前は布をかけられるのを極端に嫌っていたのに
何故か今日は平気で、掛け布団状態で寝ている梅子嬢。
平蔵氏も術前術後では色々と好みが変わったけど
既にこんなところにも出ている??(^-^;)






懸念事項としては、手術の前日からちょっと軟便になり、
(部分的に、溶けたキャラメルのような感じのものが混ざる)
それを先生に預ける前に「ヒート中って軟便になります?」と質問したら
「なるけど・・・一応調べるか」と、術前に便の検査もして下さった模様。
そしたら、「サルモネラ菌が繁殖してたせいみたい」と薬を処方されました。。。
もともと猫の身体にいる菌で、何か食べたせい、という事は
あまり無いらしいですが。今回はひょっとしたら・・・
絶食が始まってから、「お風呂の床に残った水たまりを舐めていた」
という目撃証言があり(-_-;)
「あー、お風呂にはいるね、サルモネラ・・・」
むむむむむう。
朝までに少しでも乾けば・・とお風呂の入り口を全開にして寝ていたけど
昨日からは梅子が入れない程度の幅だけ開ける、に変更。

で。

その薬なのですが・・・・・
粉末なので、ゴハンに混ぜてOKで、一日三回。
嗚呼、投与も楽そうだ。。。。と思っていたら。

まだゴハンそのものを食べない。

絶食終了の今朝はウエットのみにしたゴハンを半分残し。
お昼は表面を舐めただけで終了・・・・・・・(T_T)
むううう。平蔵氏はオカマ化手術の後どうだったっけ?と
思い出そうとしたけど無理でした・・・;
ここにも記述が無いという事は、特に食欲が落ちたりはしなかったのかなあ?
とはいえ、平蔵氏と違って全身麻酔の開腹手術のぶん、
梅子の方が回復に時間がかかるのはしょうがない事。
もともと食は細いし・・・(何なら食べてくれるんだろうと悩む事も頻り;T_T)
今は黙って見守るしか無いんだろうなあ。。。
[PR]
by mirliton | 2013-01-14 15:27 | 医薬覚書