ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

改めましてご挨拶。

c0035001_176529.jpg

皆様、あけましておめでとうございます(遅。

本年も、なにとぞガッツ石持ち兄妹を何卒宜しくお願い致します(半泣。

と、早速のメモ書き兼ねての経過報告(^-^;)。





平蔵氏は、朝晩のアモキクリア二分の一錠をオブラートに包み
たかだか3g程度のヒルズ缶に混ぜてやるだけであっさり食べてくれます。
そういう意味では手のかからない猫です(笑)。
ただ、本日の午前中、何年ぶりかのゲーリーに。
昨日まで数日、固くて少量のちょい便秘気味?と見ていたのが
もりもり出ていた(失礼;笑)ので、便秘が解消されたタイミングなのか
(人間も便秘解消される時ってちょっとゆるくなりませんか?)
それとも久々の抗生物質のせいなのか。。。。
経過観察ですな。

問題は梅子(T_T)。

まず、今までのごはん。
療法食のドクターズケア・ストロバイトと
昨年11月の絶食騒動からの流れでカルカンパウチを
半々で与えていたのですが。

先生曰く、

『ドライとウエット半々っていうのが一番石になりやすい。』

らしいです。がびーーーん。早く言ってーーーー(笑)。
なので、ウチの場合ドクターズケア100%にするか
一般食でもウエットのカルカンパウチ100%にするか。
ちなみに水分含有量の理由で、一般食でもウエット100%というのは
石が出来にくいそうな。
っつか、口にねじ込むことが不可能な梅子の場合、
投薬のことを考えると自動的にパウチを選択せざるをえないわけで。
経済的なことから言わせてもらうと(苦笑)、パウチ100%はけっこうキツい。
さらに安価なパウチに変えれば?というのは、梅子の場合は

1.ゲーリーになりにくい
2.石が出来にくい
3.最も重要なことは、梅子が食べてくれるか(涙目)

と、探し始めれば更なる迷宮に迷い込むことになるので;;
頑張って「広告の品」になっている時にカルカンパウチを購入することにします・・・。

え?

カルカンは缶もあるよね?
そっちの方が安く上がらない?

・・・・。
そのご意見、ごもっとも。
ええ、私たちもそう考えて早速3缶パック買って来ましたとも。
ところがどっこい。

食べないんですわーーーーー(T_T)

同じカルカンなのに!
ホントめんどくさいよう、このムスメっこは;

ところが梅子、一食にパウチ一個(70g)食べる計算になるんですけど。
どう頑張っても45gが限界。
うーん。
経済的には有り難いけど(苦笑)、大丈夫なのかな、と心配もしちゃうわけで。
今までも、実は出しても食べられないので、
食べきれる量を出してはいたのですが
こうして一種類だけにしてみると、視覚的にかなり少なく感じる・・・。
ただ、梅子は歯が完成しなかったくらい幼少期に食べ足りなかったらしいので
ひょっとしたら、胃も小さくなってしまったのかも。。。
うん。そう考えることにします。
だって、食べなくても運動量は変わらないし(^-^;)
超エコカーなんだな、と(苦笑)。

こんな2014年の幕開けとなりました。

ここまで長文にもかかわらず読んで下さった皆様、
ありがとうございました。

あ。ちなみに梅子もなんとかBaytril二分の一錠を
オブラート二重包みでカルカンに混ぜ込んで投薬出来てます(笑)。
[PR]
by mirliton | 2014-01-07 17:39 | 平蔵日記。