ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

2歳になりました。

というわけで、我が家専属火付盗賊改メ方長官、

本日、無事2歳となりました!

c0035001_15492681.jpg






そうだっけ?










・・・&こっそり8度目の結婚記念日(笑)。

去年の今日は、ディナーにモンプチを食し、
見事に速攻でピーになり(笑)
『高級品には滅法弱い胃を持つ男』っぷりを曝け出してましたねえ(笑)。

そんな平蔵さんもあれから1年、石とのお付き合いは続き
検査はほぼ月に2回、通院もしょっちゅう、でも本ニャンは至って元気。
今年はモンプチボーナスはないですが(笑)
晩は一緒にお祝いしましょう。
おめでとう!





そして去年、1年後はもう少し明るいニュースが多ければいいな、
と思っていた記憶がありますが。1年経った今、現実は・・・・
またひとつ歳を重ねられた事が、本当に実はラッキーな事なのかもと
年を追う毎に強く思うようになって来ました。
また来年、誰も欠けること無くこの日をお祝いできますように。

さて、
話はコロッと変わって。
庭に来ていた三毛のお嬢さんなのですが。
冬を目の前にし、もしも本当に野良さんだったなら
これだけの器量良しだし、何とかしなくてはいけないかもしれない・・
と、ある程度の覚悟を決め。
先日の尿検査の折り、先生に「見極めるにはどうしたら…」とご相談したところ。
リボン等を首に巻いて、そのリボンにメッセージを書くという手はどうかと提案して頂きました。飼われていれば、飼い主によってリボンがとられるか、先生曰く「茶目っ気のある飼い主さんなら、お返事をくれる事もあります」と。
なるほど、と思い。
昨日またやって来て鳴き通しだったので、「ウチの庭に毎日来ています。飼い猫さんでしょうか?」と書いたリボンを首に結びました。
夕方、リボンを付けたまままた来たので、狭いところを抜けるときにひっかかったら大変と思い、指が2本通るくらいに結び直してやりましたが。
全く首にそんなもの巻かれても気にしていない様子でした(^-^;)

で。

今朝からぱったりと来なくなりました。
これはやはり、飼われていたと見なすべきでしょうか?
だったら、冬を前に放し飼いをやめてもらえたのだから喜ぶべき?
うん。そうであって欲しいな、と思います。
でも敢えて希望を言うなら、茶目っ気のある飼い主さんだったら良かったな〜と(^-^;)
だって、そこまで100%ハッキリしていないと、やっぱり心のどこかに「実はあのリボンがどこかにひっかかって動けなくなっちゃったりしたんじゃ…」という不安が残るからです。。。
勝手な話なんですけどね。
はい。
というわけで、あと2日くらい来なければちゃんとおうちで過ごしていると見なす事にします。色々アドバイスして下さった先生、ありがとうございました!

今日は長い内容になっちゃってごめんなさい。
[PR]
by mirliton | 2006-11-07 16:13 | 平蔵日記。