ブログトップ

猫平犯科帳

mirliton.exblog.jp

片目猫の平蔵が日々遭遇する事件を綴る日誌。

カテゴリ:医薬覚書( 112 )

毎回画像なしでスミマセヌ。もちょっと待って下され。

さて、どうも今週末も旦那さまは休めなさそう、ということで
だったら空いている平日のうちに行ってしまおう!と
おしっこふたつぶらさげて〜♪(笑)
本日、再び父に頼んで病院へ。

結果は・・・・・

2匹とも合格!

梅子→石無し
平蔵→石無し、ただしphが7。

よって、再検査は梅子が2週間後、平蔵氏が1ヶ月後となりました。
ああ良かった。ひとまず安心。

あれから、梅子はカルカンパウチに変えたらフツーにごはんを食べ(笑)。
薬もオブラートに包んでカルカンに潜ませたらうまくいってウハウハ。
しかしその抗生物質のせいなのか、はたまたカルカンのせいなのか
またもやおなかピーピー芸人に逆戻り・・・(-_-;)
やっと辿り着いたヒルズの「おなかも健康」がまさかの廃盤(!!)という事もあり
またもやしばらくはフードジプシーの仲間入りな予感・・・。
ただ、梅子に関しては「ウエットだけ」というのは特にピーに拍車がかかる、という印象があったので、実は「おなかも健康」の代替品になるか?と購入してあった、ヒルズの「ヘアボールコントロール」を6粒ほど混ぜて与えていたら、柔らかめではあってもピーまではいかないブツが出るようになって来ていたのです。
ところがどっこい、口が小さく、歯も足りない梅子に、ヘアボールコントロールは粒が大きすぎて;喜んで食べてはいない・・・(T_T)
今日病院で戴いて来た、ロイヤルカナンの「phコントロール2」を早速試してみたいと思います。
ああ、コレで石も出来ずにおなかピーピー芸人括りも脱出出来たらこれ以上の喜びは無い・・・。
[PR]
by mirliton | 2013-11-22 17:08 | 医薬覚書
結局、昨日は1日4回の食事をほとんど口にせず。
ただ、水は呑むので、午前と深夜におしっこは出ました。
(多分どちらも1回で成功)
しかしこんなに胃にものが入っていないのに、抗生物質を投与してもいいものかと(人間を想像しても)悩んだので、昨夕の投薬は失敗したけど、もうそのままにしました。
それでも今朝は傷だらけになりながら(T_T)投薬。
やっぱり朝ご飯を全く食べない・・・。
それを見て、昨日徹夜で家にいなかった旦那が可能性を口にした
「嗅覚バカになってるんじゃない?」
・・・実は私も昨夕あたり、ちょっと考えました。
うーん。うーん。
ハンスト(笑)じゃないのか。
コレはやっぱり病院か。
悶々とする私の目に入った、昨日まで唯一その存在を忘れていて与えなかった

「シーバduo」が・・・・・。

ダメ元で鼻先に持っていったら・・・ぱくりΣ(°□°;)!
その後数粒をなんの抵抗も無くカリカリカリカリカリ・・・
いかん!石の素かもしれないのに多くは食べさせられん!!!!
というわけで、とりあえず「鼻バカ説」は、ハイ消えたー(笑)。

動物病院に電話してみることにしました。

休診明けだから忙しいところだと思ったのですが;
先生に聞いて下さった所によると
「一般総合栄養食で構わないので、ウエットのみ与えてみて下さい。
 →ドライは石ができやすいのでウエットの方が好ましい
 食べるなら、投薬しながら予定通り10日後の受診でOK、
 それでも食べないようなら、薬の投与はやめて受診して下さい」
でした。

ああ、ヤケクソになってカルカンパウチ捨てなくて良かった・・・(笑)

昼に、カルカンパウチ20gに、出来心(え)でc/dを5gほど添付して出したら
カルカンだけ19g食べました!!

療法食へのハンストか(苦笑)。

とは言え、まだカルカンでの食事はその1回だけなので、
間もなくの夕飯も食べてくれるかは解りませんが;
ちょっと胃にものが入っただけでもホッとしました。
おしっこも出たみたいだし。
平蔵氏と運動会もしてるし。
もしそれでもまた食べなくなったら明日こそ病院だな・・・('_';)

まずは次の投薬が成功しますように・・・・・。
[PR]
by mirliton | 2013-11-15 16:32 | 医薬覚書
今回、朝と夕の2回の抗生物質の投与が課せられました。
平蔵さんと違って、とにかく抱っこが嫌いな梅子。
どうしたって口にねじ込む投薬はムリだろう、と覚悟し。
一昨日、病院に行った日の夕飯、
以前に平蔵さんの投薬で悩んだ時に見つけたblogの方法を試そうと
c/dの缶詰に、オブラートで包んだ錠剤を潜ませ
c/dのドライと一緒に出してみたら、あっさりほぼ完食したので
文字通り小躍りして喜んだ・・・・・のに。

翌朝、同じように出したらとりあえず薬が入った缶詰部分だけ食べてくれたけど、
ドライはほぼ食べず。

昼に、缶詰と一緒に試しに買ってみた
c/dのパウチの方を出してみたけれど、断固拒否!状態。

夕方、今度は臭いちょっと嗅いだだけでまさに「猫またぎ」状態。
朝に薬をかんじゃったのかも・・・・?
もう、少量だからと目をつぶって、平蔵さんと同じヒルズの缶に薬を忍ばせ、出しなおしてみると、今度は缶詰ちょっとだけ(薬も)食べたーーーーーー!!!(喜)
コレでいける、と思ったのもつかの間。

夜ごはんはドライを2gほど食べただけ。

そして今朝、とりあえず平蔵さんと同じヒルズ缶に薬を忍ばせ、
出してみたけれど・・・ごはんから逃げる状態に。
もう、昨日から考えるとほとんどといっていいほど胃に物が入っていないはず。
療法食とか構ってられるか!!!!!
と、それでも一応は結石に考慮した試供品や、
一昨々日まで食べていたヒルズおなかも健康に変えてみる。
それでも全くダメで、ヤケになって「原因かも?」と言われた一般食に削り節まで試したけど、匂いを嗅いでは逃げる逃げる。
・・・・・・。

ぷつん。
[PR]
by mirliton | 2013-11-14 10:00 | 医薬覚書
どうやら、有名猫ブログさんとかを読んでると
この1〜2週間ほど、それなりに年齢を重ねた猫さんたちは
体調不良に陥っているところが多い。

・・と思ってたら。

平蔵氏もなんだか体調が低空飛行〜〜〜。
火曜の夜の食事を、食後2時間半という半端な時間にリバース。
でっかい毛玉が混じっていたので、ああ、こりゃ苦しいわ。
でも出ちゃったから暫く大丈夫かね、なんて話していたのに。
翌日の朝と昼もリバース。
しかも昼は4時間半後。
ううむ。こりゃこのまま毎食吐くようならいよいよ病院か?
と考えつつも、昨年の5月や今年の3月の記録を参考にして、
水曜の夕食から食事を缶詰なしのドライのみにしてみたら
今日現在まで、リバースは止まっています。
ああひとまず良かった。
暑さや湿度が落ち着いてる日は、梅子とプチ運動会も復活。
でもやっぱり雨が降り続いて蒸し暑かったりすると
アンニュイ度が一気に急上昇。
こうなると、早く天候が落ち次いで欲しいものです。

とはいえ。

c0035001_14354474.jpg

ますます(腹回りの)重量感が増しているような・・・・・

c0035001_14344810.jpg

そっと手で隠すな手で。
[PR]
by mirliton | 2013-09-06 14:46 | 医薬覚書
お盆休みも終わりましたね。
連日の猛暑、皆様のお宅のお猫様たちは
この暑さでバテたりしてませんか?

そんなお盆休み中、平蔵氏の定期おちっこ検査に行って参りました。

結果は・・・・・・・・・・・・

合格!!!(^-^)/

良かった良かった。
よか・・・・・・・・・
・・・・。
いや、実はどえらいことも起こっていたのです。

なんと。

体重測定の結果。

6.25kg!!!!!

c0035001_1504018.jpg

いやいやいや、まさかでしょ。

・・・残念ながら平蔵さん。
何度計りなおしても6.25kg変わらず・・・・。
病院の先生もびっくり。
「さすがに6kgはきらないとヤバいよ〜」
ああ;何故だろう。食べる量も増えてないし。
あえてあげるなら・・・
梅雨時の天候不良からの毎日アンニュイモード
かーらーの、
この猛暑でのバテバテモード。
ここ3ヶ月、運動量がガタ落ちしているのは間違いないです;

コレは早く暑さが収まることを祈るしか無いですな。。。
トホホ。
[PR]
by mirliton | 2013-08-19 15:07 | 医薬覚書
日曜日、2ヶ月ぶりのおちっこ検査&
左目の目薬をサボっていたら
なんだかとってもタンパク質が腐ったような臭い(?)が
するようになってしまったので;
病院へ行って来ました。

おちっこ検査の結果は・・・・

合格!

だったのですが。


体重測定でまさかの・・・・・

まさかのまさかの・・・・
[PR]
by mirliton | 2013-06-04 16:31 | 医薬覚書
昨日、4食中3食を久々に完食し(!)
平蔵さんイイ感じ・・・と思っていたら。
最後の23時半のゴハンを前に、胃液を吐き。
ゴハンを一口も食べること無く、また丁度0時に胃液を吐き。
去年のように咳き込んでるのを目撃していないけれど
具合の悪くなっていく過程がソックリだったので
ついに今日、病院へ。

レントゲンを撮ってもらったら・・・

腸にガスがたまってるだけ、だそうな(ちょい脱力)。
「だけ」っつっても、それが苦しいから食べられないし
気持悪いし、つらかったんだよね。
とりあえず肺はキレイだったので良かった。
平蔵氏、ニャン生初のシロップ薬を処方されて、
お世話係はドキドキです(笑)。
うまく飲ませられるのだろうか・・・。
[PR]
by mirliton | 2013-03-29 14:57 | 医薬覚書

c0035001_15362864.jpg


c0035001_15362126.jpg


c0035001_15361846.jpg


c0035001_15361120.jpg


なんて、冗談言ってる場合ではなかったのです。

以下、うん○話ですのでご注意。
[PR]
by mirliton | 2013-02-15 15:35 | 医薬覚書
予想通り、旦那は嵐まっただ中で休めるはずも無く。
父の車で梅子の抜糸へGO。
そして今回はエライ事に、平蔵氏のワクチンもうたねばならんのです!!!
どひゃー。
2匹いっぺんに連れてくのって結構大変なのよね;
でも!どちらも無事に終了しました!よかったーー。

c0035001_15292879.jpg


お腹の糸をちょきちょき中の梅子。
こう見えて、実は看護師さんの腕の中で小刻みにガクプル中(笑)。

当日翌日こそ、傷口をしょっちゅう舐めていたものの
それ以降は拍子抜けするほどたいして気にもせず。
先生にも「ほとんど引っ張った後も無いねー」と褒めて(?)いただきました。

そして平蔵氏のちっくりナイン。
こちらももう慣れたもの(?)で、恙なく終了。
ちなみに体重測定をしていただいたところ、
平蔵氏→5.8kg 梅子→2.4kg。
どひゃーーー。
(梅子×2)+1kg=平蔵氏・・・・・。
おもっ。っつか、梅子が軽いのか?
[PR]
by mirliton | 2013-01-26 15:28 | 医薬覚書
昨日、無事(?)梅子の避妊手術が終わりました。
手術痕もビックリするくらい小さく、
お腹が毛刈りされてスースー寒そうですが(苦笑)
今のところ、傷口に関する異常は見られません。

c0035001_14295243.jpg

↑術前は布をかけられるのを極端に嫌っていたのに
何故か今日は平気で、掛け布団状態で寝ている梅子嬢。
平蔵氏も術前術後では色々と好みが変わったけど
既にこんなところにも出ている??(^-^;)

ただ・・・・
[PR]
by mirliton | 2013-01-14 15:27 | 医薬覚書